豊胸とは

豊胸手術は3パターンあります

豊胸の方法は、いろいろありますが、まずセルフで行う方法と、手術を受ける方法があります。
前者は、バストアップ専用の運動 用DVDやサプリが売れています。
特に運動の場合は、体に害がある可能性がほぼないので、お勧めな反面、効果がなかったり、非常に根気のいる 方法だったりします。
効果がてきめんに現れるのが、豊胸手術です。
豊胸手術には大きく分けて、3パターンあり、1つ目は、ヒアルロン酸注入、2つ目は脂肪吸引& 注入、3つ目は、シリコンバッグを入れるというもので、3通りの方法の中で、また色々と細かい方法に分かれます。
1番安くて手軽なのが、ヒアルロン酸の注入です。化粧水に もよく使われ、美容整形にも頻繁に使われるヒアルロン酸は、デメリットの非常に少ない手術です。
そもそも手術と言ってもメスを使わず、注射でヒアルロン酸を注入するだけ、 簡単なので、100cc20万前後と安上がりです。
害が殆どない代わりに、ヒアルロン酸は体内での吸収が早いため、1~2年しか持ちません。また液体注射のため、 極端にサイズをあげたりするのは難しいです。
次に安いのが、シリコンバックを入れる方法です。これはシリコン製のバックを脇の下や乳房の下を切って入れる方法、 ただしシリコンと一口に言っても、大変多くの種類がありますので、
そこは医師としっかり相談するのが大事です。
また、体内に異物を埋め込むため、 乳がん検診に差し障りが出たりすることもあります。不具合があれば、除去手術を受ければよいので、そのあたりも良く医師に、述語ケアのことも聞いておきましょう。
値段は50万から100万というところです。
3つ目は、脂肪吸引、注入方法、これはお腹やお尻など、自分の体の脂肪を除去して、胸に入れる方法です。ただ自分の脂肪 を注入するだけではなく、精製したり、
また最近では長く豊胸効果が続くように、幹細胞を入れたりと、手間と時間がかかる分、 高額になります。
高い方法だと200万以上になりますが、高いほど持続性は良いようです。自分自身の脂肪のため、やはり体内にやや吸収されてしまうという デメリットがあります。
豊胸手術は保険が効かず、高額です。満足のいく出来にするためには、ここの様な体験談を読んだり医師としっかり相談して方法やアフターケアを決めましょう。 あとはこういった豊胸クリニック比較サイトを見たりして情報を集めても良いと思います。

豊胸の紹介

最新の豊胸手術の方法について

豊胸手術の方法

豊胸手術の後の経過について

豊胸の体験談1

脂肪注入法による豊胸手術で理想のバストを手に入れました

豊胸の体験談2

余分な脂肪を注入して豊胸しました。

豊胸手術の体験談

豊胸手術の価格と価値について

豊胸手術の金額感

これだけは知っておきたい豊胸手術の後遺症

豊胸手術の後遺症